【サッカー】日本vsセネガル戦 マン・オブ・ザ・マッチは柴崎選手で決まり(ロシアワールドカップ2018)

2020年2月21日サッカー,ワールドカップロシアW杯

スポンサーリンク

[baloon-line-left img="https://kazu2017.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_20171209_072150_252.jpg" caption="カズ"]こんにちは、soccer大好きブロガーのカズです。(@kazu20170825)[/baloon-line-left]

 

2018年6月25日に日本vsセネガル戦が行われました。

初戦のコロンビア戦に勝利した日本代表にとって、セネガル戦は大事な試合になります。

 

コロンビア戦については、こちらの記事で書いています。 〉〉〉「 【サッカー】コロンビア戦のマン・オブ・ザ・マッチは大迫選手で決まり(ロシアワールドカップ)

 

グループリーグ突破に向けて、セネガル戦は最低でも引き分けで終わりたいところです。

本記事では、「日本vsセネガル戦のマンオブザマッチ」について書いています。

 

スポンサーリンク

日本vsセネガル戦のスターティングメンバー

Pos 背番号 選手名
GK 1 川島
DF 19 酒井
DF 22 吉田
DF 3 昌子
DF 5 長友
MF 7 柴崎
MF 17 長谷部
MF 8 原口
MF 10 香川
MF 14
FW 15 大迫
72’IN MF 4 本田
75’IN MF 9 岡崎
87’IN FW 11 宇佐美

コロンビア戦から変更はなく、フォーメーションは4-2-3-1となります。

 

日本vsセネガル戦の試合結果

時間 日本 得点 ベルギー
11′ 0-1 S.マネ
34′ 1-1
74′ 1-2 M.ワゲ
78′ 本田 2-2

 

試合開始直後は、セネガル代表が積極的に仕掛けてきます。

立ち上がりを乗り切れば何とかなるかなと思ったところセネガル代表が先制します。

右サイドを突破したワゲのセンタリングを原口がクリアするものの中途半端な位置にボールが落ちます。

ボールを拾ったサバリ選手のシュートはキーパー正面に飛んできて難なくキャッチ出来るかと思いましたが、川島選手はパンチングを選択しました、、、

パンチングしたボールは不運にも詰めていたマネ選手に当たってゴールに吸い込まれました。

先制点はマネ選手のゴール

失点後は、日本代表選手も慌てることはなく徐々に日本ペースで試合は進みます。

柴崎選手が自陣からのロングパスを出すと、裏に抜け出した長友選手が完璧なトラップ、そして、相手DF二人を置き去りにして乾選手へパス、乾選手は得意の位置から冷静にシュートを放ち見事にゴール!!

日本代表は乾選手のゴールで同点に追い付きました。

前半は1-1のまま終了します。

後半開始後も日本のペースで進むかと思われましたが、後半74’、左サイドを突破したマネ選手から、サバリ、ニアンと繋いで最後はワゲ選手がシュートを決めました。

ワゲ選手のゴールで2-1でセネガルリードです。

失点直後、日本は岡崎選手、本田選手を投入します。

そして、交代直後に試合は動きます。

左サイドの乾選手が中央へボールを出すと、GKと岡崎選手が競り合ったまま倒れ、本田選手の足元に転がってきたボールを冷静にゴールに押し込みました。

本田選手のゴールで2-2の同点に追い付きました。

その後も、日本代表は攻め込むものの後一点が遠く、2-2のまま試合終了です。

 

日本vsセネガル戦のマン・オブ・ザ・マッチ

柴崎岳

全体のバランスを見ながら、的確にポジションを替えて、正確にパスを出してボールを散らし、日本の攻撃をリードしていました。

攻撃だけではなくて、守備にも貢献していましたし、豊富な運動量で最後まで走りきっていたのは流石ですね。

今日の試合は間違いなく柴崎選手がマンオブザマッチだと思います。

 

日本vsセネガル戦のまとめ

初戦のコロンビア戦に勝ち、二選目のセネガル戦は引き分けでグループリーグ突破が近付いたと思いますが、欲を言えば、セネガル戦でグループリーグ突破を決めたかったですね。

ポーランド戦で勝てる保証は有りませんし、決めれるところで、しっかりと決めておかないと取り返しがつかなくなるかもしれません。

そうは言っても、いまの日本代表には期待しても良いと思います。

6月28日ポーランド戦に勝ってグループリーグ突破を決めて欲しいです。

 

 

ロシアワールドカップの試合結果は下記記事で更新しています。 〉〉〉「 【サッカー】ロシアワールドカップ2018の試合結果

 

 

スポンサーリンク