【クレジットカード】バンドルカードをヤフーショッピングで利用した時の疑問点について

2019年11月11日クレジットカードバンドルカード

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、副業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

先日、バンドルカードをネット上の決済で利用したところ、「利用制限店舗のため決済出来ませんでした」と通知が出てきました。

取引履歴を確認すると、しっかりと履歴は残っているのですが、問題なく決済出来ているのか分からず、バンドルカード側へ問い合わせをしてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

バンドルカードとは

バンドルカードは、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。

アプリから1分でネットショッピング専用の「バーチャルカード」が発行され、使う分のお金をチャージしてすぐに利用できます。「リアルカード」を発行すれば街のお店でもお買い物ができます。

公式ホームページ

バンドルカードは、アプリで簡単に登録することができ、ネットショッピングで利用することができます。

また、本人確認不要で作ることができる「バンドルカード リアル」と、海外でも使える「バンドルカード リアル+(プラス)」がありあす。

カードバーチャルリアルリアル+(プラス)
入手方法アプリアプリアプリ
手数料無料300円~400円600円~700円
年会費無料無料無料
有効期限5年5年5年
対応端末iOS:9.0以降
Android:4.4以降
iOS:9.0以降
Android:4.4以降
iOS:9.0以降
Android:4.4以降

バンドルカードの「ポチっとチャージ」とは

  • ポチっとチャージ
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い(一時停止中)
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ギフトコード

2019年8月18日時点

バンドルカードのチャージ方法は9種類ありますが、その中の一つに「ポチっとチャージ」が有ります。

ポチっとチャージとは利用限度額(3,000円~20,000円)の中で、何回でも申し込むことが出来ますが、月をまたいだ申し込みは出来ません。

申し込み金額の支払いは翌月末までに好きなタイミングで支払うことが可能です。

申込月支払月
10月12日利用11月末

例えば、10月12日に5,000円を利用した場合は、11月末までに利用金額+手数料を支払をすることになります。

利用金額手数料
3,000円~10,000円500円
11,000円~20,000円800円

正直、手数料は高いかなと思いますが、手元に現金が無いときに、利用金額が後払い出来るのはメリットだと思います。

利用金額の支払方法は3種類有ります。

(2018年0月13日時点)

・コンビニ

・ネット銀行

・銀行ATM(ペイジー)

私はネット銀行で支払いましたが、アプリ上で自分の利用しているネット銀行を選択して、銀行振込をして支払いが完了しました。

ポチっとチャージのメリット

利用金額の後払い」が出来ることだと思います。

クレジットカードを持てない属性の方にとっては、クレジットカードと同じように利用出来て、利用金額が後払いに出来るのは大きなメリットです。

ポチっとチャージのデメリット

先程も書きましたが「手数料が高い」事です。

利用金額の支払い方法も、銀行振込を選択すると振り込み手数料もかかりますから、手数料がデメリットになりますね。

バンドルカードをヤフーショッピングで利用した時の疑問点

実際に、Yahoo! JAPAN EC でバンドルカードを利用してみましたが、私が利用したときの疑問点をご紹介します。

利用制限店舗の通知

バンドルカードをYahoo! JAPAN ECで利用しようとしたところ「利用制限店舗のため決済できませんでした」と通知が出てきました。

バンドルカードの取引履歴を確認すると、取引履歴が残っていますが、問題なく決済出来ているのか分からないため、バンドルカードへ問い合わせをしました。

Yahoo! JAPAN EC の場合、明確な理由は分かりませんが、システムの関係上、「利用制限店舗のため決済できませんでした」と通知が出てしまいますが、その後の、購入店舗では問題なく決済出来ています

バンドルカードからの回答

バンドルカードへ問い合わせをしても明確な回答は得られませんでしたが、システム上の問題で通知が出てしまうようです。

しかし、購入店舗での決済は問題なく行われているとの事で、実際に、翌日には購入した商品が発送されてきました。

今回は問題なく利用できましたが、利用できないサービスもあるので注意が必要です。

利用出来ないサービス

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払/定期購読
  • 保険料
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 自動販売機などの暗唱番号が必要なお店
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店

2019年8月18日時点

まとめ

バンドルカードはクレジットカードが持てない属性の方には便利なカードだと思います。

但し、後払いと言っても、支払いはしなければいけないので、計画的に利用することが大切です。

バンドルカードの公式ホームページ 〉〉〉「 バンドルカード公式ホームページ 」

スポンサーリンク