【仕事】AUTODESK FUSION360 ロフト機能の使い方

2020年1月12日3DCAD,ビジネスAUTODESK,FUSION360

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、副業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

助手

今日はどんなツールを使うの?

カズ

今日は、ロフト機能の使い方を説明するよ。

本記事では、「AUTODESK FUSION360 ロフト機能の使い方」について書いていきます。

カズのブログの内容

始めて操作する人にも分かりやすくFUSION360の使い方を書いていきます。

スポンサーリンク

AUTODESK FUSION360 ロフト機能の使い方

スケッチ平面を選択するときに、「XY平面」を選択します。

スケッチ作成ツールから「二点指定の長方形」を選択します。

任意の長方形をスケッチします。

構築ツールの「オフセット平面」を選択します。

平面を選択するときに、最初にスケッチした「XY平面」を選択し、オフセット距離を「100ミリ」に指定します。

今回作成した平面を「オフセット平面1」とします。

「オフセット平面1」に、任意のサイズで「ひし形」をスケッチします。

構築ツールの「オフセット平面」を選択します。

平面を選択するときに、「オフセット平面1」を選択し、オフセット距離は「100ミリ」に指定します。

今回作成した平面を「オフセット平面2」とします。

「オフセット平面2」を選択して、スケッチを作成します。

スケッチツールの「二点指定の長方形」を選択し、任意の長方形を作成します。

作成ツールの「ロフト」を選択します。

プロファイルを選択するときに、これまでに作成した「長方形」、「ひし形」、「長方形」を選択します。

スケッチとスケッチを繋ぐ線がずれているので、白丸を左クリックして任意の位置に移動します。

ロフト機能を使用した3Dモデルが完成しました。

AUTODESK FUSION360 まとめ

カズのブログでは、些細な疑問など、独学で勉強をしていて起こり得る問題の解決方法を紹介していきます。

スポンサーリンク