【3DCAD】AUTODESK FUSION360 タイムラインの使い方

2022年6月12日3DCAD,ビジネスFUSION360

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、複業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

助手

今日はどんなツールを使うの?

カズ

今日はタイムラインの使い方を説明するよ。

本記事では「AUTODESK FUSION360 タイムラインの使い方」について書いていきます。

カズのブログについて

「FUSION360の使い方」を初めて操作する人にも分かりやすく書いていきます。

スポンサーリンク

AUTODESK FUSION360 タイムラインの使い方

先ずはベースとなる3Dモデルを作成します。「スケッチを作成」を選択し「XY平面」を選びます。

スケッチツールの「二点指定の長方形」を選択します。

任意のサイズで長方形を作成します。

作成ツールの「押し出し」を選択します。

今回は距離「30mm」に設定して押し出しました。

作成した長方形の上面にスケッチをします。

任意のサイズで長方形を作成します。

今回は距離「30mm」に設定して押し出します。

ボス形状のコーナーにフィレット5mmを作成します。

ベースとなる3Dモデルが完成しました。

画面左下にあるタイムラインの使用方法を説明します。タイムラインの再生ボタンをクリックするとモデリングの手順が再生されます。

任意のフィーチャーでメニューを表示することができます。今回はフィーチャー編集を選択します。

押し出し高さを30mmから50mmに変更しました。

フィーチャーメニューのなかに「フィーチャーを抑制」という項目があります。これは、フィーチャーを削除するのではなく、一時的に非常時にすることができます。

フィレットを抑制しました。

面取りを選択します。

ベースとなる形状の上面に面取り5ミリを作成します。

タイムラインのなかでフィーチャーの作成順番を変えることができます。

面取り作成をフィレットの前に変更しました。

FUSION360を学ぶのにお勧めの参考書を紹介します。著者は教育現場やセミナー、ワークショップで豊富な指導経験をもつ小原照記氏、Autodesk社でFUSION360ビジネスを取りまとめるマネージャーの藤村祐爾氏の二人。本書ではFUSION360の使い方を初心者むけに「やさしく」解説されています。

AUTODESK FUSION360 まとめ

3Dモデルの作成方法についてはYouTubeに動画をアップしていますので宜しければ見てみてください。

スポンサーリンク