【仕事】AUTODESK FUSION360 アセンブリ機能について

2020年1月12日3DCAD,ビジネスAUTODESK,FUSION360

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、副業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

助手

今日はどんなツールを使うの?

カズ

今日は、アセンブリ機能について説明するよ。

カズ

アセンブリ機能は、先日、コンポーネント機能を紹介する時に作成した部品を使って説明するよ。

本記事では、「AUTODESK FUSION360 アセンブリ機能について」書いていきます。

カズのブログの内容

始めて操作する人にも分かりやすくFUSION360の使い方を書いていきます。

スポンサーリンク

AUTODESK FUSION360 アセンブリ機能について

コンポーネントを挿入する前に、名前を付けてファイルを保存します。

データパネルを開き、先日作成した「部品1」のファイルで右クリックして、「現在のデザインに挿入」を選択します。

任意の位置でOKをクリックして「部品1」を配置します。

もう一度データパネルを開き、「部品1」のファイルで右クリックして、「現在のデザインに挿入」を選択します。

任意の位置に二個目の部品を配置しますが、重ならないようにX寸法を200mmに設定しOKをクリックします。

アセンブリツールの「ジョイント」トを選択します。

一つ目の部品の円筒形状の根本のエッジを選択します。

二つ目の部品の円形状のエッジを選択します。一つ目のエッジと重なる部分を選択するイメージです。

次に、モーションタイプの「回転」を選択し、軸は「Z軸」を選択すると、Z軸を基準に回転するアニメーションが確認出来ると思います。

アニメーションを確認したら「OK」をクリックします。

ジョイントの「回転」のところで右クリックし、「ジョイントを駆動」を選択します。

例えば、回転角度を90と設定してOKをクリックすると部品が回転するのが分かります。

次に、ジョイントの「回転」のところで右クリックし、「ジョイントの制限を編集」を選択します。

最小値を「-90」、最大値を「90」に設定すると、ジョイントの回転角度が制限されているのが分かります。

アニメーションを確認したらOKをクリックします。

アセンブリツールの「接触セットを有効化」を選択します。

ブラウザに「接触:セット」が表示されているので、右クリックし「新規接触セット」を選択します。

二つの部品を選択しOKをクリックします。

AUTODESK FUSION360 まとめ

カズのブログでは、些細な疑問など、独学で勉強をしていて起こり得る問題の解決方法を紹介していきます。

少しづつ更新していきますので、宜しくお願いします。

スポンサーリンク