【仕事】TopSolid 3Dモデルの作成方法(画像18枚使用)

3DCAD,ビジネスtopsolid

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、副業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

助手

今日は何をするの?

カズ

今日は、TopSolidという三次元CADを使って3Dモデルの作成方法を説明するよ。

本記事では、「TopSolid 3Dモデルの作成方法」を紹介します。

カズのブログの内容

始めて操作する人にも分かりやすくTopSolidの使い方を書いていきます。

スポンサーリンク

TopSolid 3Dモデルの作成方法

1)基準線を引きます。

2)基準線をオフセットします。

3)今回は両側に100mmでオフセットします。

4)円/円弧を選択します。

5)原点にΦ50mmの円を配置します。

6)X軸の基準線とオフセットした直線の交点にΦ30mmの円を配置します。

7)直線を選択します。

8)Φ50mmとΦ30mmの円の接線を引きます。(接線は対象となる円を選択すると引けます。)

9)図のように4本の接線を引きます。

10)複合曲線を選択します。

11)任意の位置を選択します。

12)外形線をなぞるように複合曲線を作成します。

13)始点と終点を繋げると複合曲線が完成します。

14)形状ツールを選択します。

15)平行掃引を選択します。

16)プロファイルを選択する場面で、先程作成した複合曲線を選択します。

17)今回は高さを20ミリに設定します。

18)3次元モデルが完成しました。

TopSolid 3Dモデルの作成方法 まとめ

今回使用したツールは以下の5点です。

  • 基準線
  • オフセット
  • 円/円弧
  • 直線
  • 複合曲線
  • 平行掃引

YouTubeにTopSoliでモデリングした動画もアップしています。

スポンサーリンク