【3DCAD】TopSolid 図面の作成方法について説明(画像18枚使用)

2022年5月8日3DCAD,ビジネスtopsolid

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、複業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

助手

今日は何をするんですか?

カズ

今日は、TopSolidという三次元CADを使って図面の作成方法について説明するよ。

本記事では、「TopSolid 図面の作成方法について説明(画像18枚使用)」について紹介します。

今回は以前に作成した3Dモデルを使用します。

3Dモデルの作成方法の記事 〉〉〉「 【3DCAD】TopSolid 3Dモデルの作成方法の紹介

カズのブログについて

「TopSolidの使い方」を始めて操作する人にも分かりやすく書いていきます。

スポンサーリンク

TopSolid 図面の作成方法

TopSolidには「Draft」という機能があり図面を作成することができます。

「主投影」を選択します。

事前に作成していた3Dモデルを選びます。

初期設定のまま「OK」を選択します。

適当な位置に投影図を配置します。

「補助ビュー」を選択します。

主投影図に対して補助ビューを配置できます。

「寸法ツール」を選択します。

寸法を配置する要素を選択すると寸法を付けられます。

それぞれの要素に寸法を配置できます。

「変更コマンド」を選択します。

「寸法」を選択し「寸法パラメータの変更」を選びます。

「文字列」のタブでは接頭語などを変更できます。

「公差」のタブでは許容差などを変更できます。

「文字飾り」のタブでは丸括弧などを変更できます。

「文字記号」のツールを選択します。

「テキスト」などを配置できます。

「部品表」のツールも使えます。

TopSolid 図面の作成方法 まとめ

今回は図面の作成方法について説明しました。TopSolidの図面作成ツールは使いやすいので色々と試してみてください。

YouTubeにTopSoliでモデリングした動画もアップしています。

スポンサーリンク

3DCAD,ビジネスtopsolid

Posted by kazu2017