【書評】理想的なお金の稼ぎ方は、復業による収入源の確保(2019年3冊目)

2019年3月16日読書

スポンサーリンク

[baloon-line-left img="https://kazu2017.com/wp-content/uploads/2018/03/IMG_20171209_072150_252.jpg" caption="カズ"]こんにちは、書評ブロガーのカズです。(@kazu20170825)[/baloon-line-left]

2019年3冊目の書評記事は「お金のポケットが増える 凄い!稼ぎ方」です。

 

「手取り30万円の月収を1.5倍の45万円にする」って天文学的に難しい
引用元:お金のポケットが増える 凄い!稼ぎ方

 

私が本書を読んだときに一番納得した部分です。

サラリーマンにとって、昇給したとしても1万円/年が良いところで、業績次第では昇給がない年も有ります。

しかし、自分の将来を考えたときに、マイホームの購入や子供の学費など様々なところでお金の負担は増えてきます。

件論を言うと、お金の負担を改善するためには、複業により収入源を増やすことが大切になります。

 

スポンサーリンク

複業により収入源を増やすメリット

「お金からの自由」
「精神的な安定」
「やりたい事ができる」

お金に余裕がないと、常にお金の事を考えるようになり、精神的にも疲弊してきてしまいます。

また、お金に余裕がないと、本当にやりたいこともできず、我慢をすることが出てきます。

たった一度きりの人生です。

後悔しないためにも、複業が大切だと言うことが分かります。

また、本書では複業のメリットとして以下の内容も書かれていました。

「複業を持つと、複眼的に世の中を見ることができる」

簡単に説明すると、あらゆる角度から物事を見ることができると言うことです。

複業により視野を広げることで、本業にも活かされ、相乗効果をうむことができます。

本書を読むことで、本業も複業もうまくいき、お金からの自由を手にして欲しいです。

 

スポンサーリンク

読書

Posted by kazu2017