【Excel】Ctrlキーを使用したショートカットのまとめ

2022年5月22日仕事術ショートカットキー

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、複業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

本記事では、「【Excel】Ctrlキーを使用したショートカットのまとめ」について書いていきます。

Excelを使用して効率的に作業をするなら、ショートカットキーによる操作は覚えておくと良いです。ショートカットキーとは、キーを組み合わせることでパソコン操作を簡略化させることができる機能です。

全てのショートカットキーを覚えるのは大変なので、本記事では「Ctrlキー」を使用したショートカットについてまとめていきます。

スポンサーリンク

Ctrlキーを使用したショートカット

「Ctrlキー」を使用したショートカットについてまとめていきます。組み合わせるキーを「アルファベット」や「数字」、「その他のキー」に分類しています。

文字が赤色で表示されてるものは、マイクロソフトが「よく使われるショートカットキー」として記述しているものです。

アルファベットとの組合せ

キー内容
Ctrl + A全てを選択する
Ctrl + B太字の設定を適用する
Ctrl + C選択範囲をコピーする
Ctrl + D選択した範囲の一番上のセルの内容と書式を下のセルにコピーする
Ctrl + E隣接する列のパターンを自動認識して入力する
Ctrl + F検索する
Ctrl + H置き換える
Ctrl + Kハイパーリンクを挿入する
Ctrl + N新規ブックを作成する
Ctrl + Oブックを開く
Ctrl + Sブックを保存する
Ctrl + V選択範囲を貼り付ける
Ctrl + Wブックを閉じる
Ctrl + X切り取りを選択する
Ctrl + Y直前の操作を繰り返す
Ctrl + Z操作を元に戻す

数字との組合せ

キー内容
Ctrl + 0選択した列を非表示にする
Ctrl + 1セルの書式設定を表示する
Ctrl + 5取り消し線の適用と解除する
Ctrl + 9選択した行を非表示にする

その他のキーとの組み合わせ

キー内容
Ctrl + F1リボンを展開する、または折りたたむ
Ctrl + 矢印ワークシート内の現在のデータ領域の先頭行、末尾行、左端列、右端列に移動する
Ctrl + PageUpブック内で前のシートに移動する
Ctrl + PageDownブック内で次のシートに移動する
Ctrl + Shift + 矢印全てを選択する
Ctrl + Space選択範囲を列全体に拡張する
Ctrl + Tab次のブックに切り替える
Ctrl + Homeワークシートの先頭に移動する
Ctrl + Endワークシートの最後のセルに移動する

まとめ

Excelのショートカットキーは他にもたくさんありますので、カズのブログでは随時まとめていきますので宜しくお願い致します。

スポンサーリンク