Notification:本ブログのテーマをCocoonに変更しました。

【読書】エッセンシャル思考

アイキャッチ画像 読書
本記事には広告が含まれている場合があります。

概要

  • タイトル:エッセンシャル思考
  • 著者:グレッグ・マキューン
  • 訳者:高橋璃子
  • 出版社:株式会社かんき出版
  • 出版年:2014年11月17日
  • ページ数:307

感想

エッセンシャル思考は、より多くの仕事をこなすためのものではなく、やり方を変えるためのものである。そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になる。

ただし、それは簡単なことではない。慣れ親しんだやり方(そしてそれを当たり前だと思う人びと)が、つねに私たちを引きずり戻そうとするからだ。本書では、順を追って非エッセンシャル思考の嘘を暴き、エッセンシャル思考の真実を伝えていきたいと思う。

引用元:エッセンシャル思考

「エッセンシャル思考」を読んで、私は成果を最大限に上げるためには必要なことと不要なことを明確にし、物事に取り組むことが重要だと解釈しました。無駄だと感じながら会議に参加したり、組織に属している限りでは、自分で仕事を選ぶことが難しいかもしれません。しかし、本書を通じて、無駄な仕事を押し付けられたときに断る勇気が大切だと学びました。エッセンシャル思考は、効率的かつ効果的に仕事を進めるための強力なツールであり、優先順位を見極める力を養う手助けとなる一冊です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました