Notification:本ブログのテーマをCocoonに変更しました。

【読書】ファクトフルネス

アイキャッチ画像 読書
本記事には広告が含まれている場合があります。

概要

  • タイトル:ファクトフルネス
  • 著者:ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド
  • 訳者:上杉周作、関美和
  • 出版社:日経BP社
  • 出版年:2019年1月15日
  • ページ数:397

感想

「私たちが世界をどう見るかというのは、しばしばドラマチックに過ぎる。本書では、それを『ドラマチックすぎる本能』として解説し、その本能が私たちの判断をどう歪めているかを示している」(ハンス・ロスリング)

引用元:ファクトフルネス

本書の中で繰り返し強調されるのは、知識のアップデートの重要性です。世界は常に変化し続けており、その変化に対応するためには常に最新のデータを取り入れ、私たちの認識を更新し続ける必要があります。この姿勢を持ち続けることが、真の意味での「ファクトフルネス」を実践することにつながります。

本書を通じて、私たちは持っている思い込みを克服し、より正確な視点で世界を見ることができるようになります。特に、グローバルな視点でビジネスを展開しようとする人々にとっては、非常に有益な内容です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました