Notification:本ブログのテーマをCocoonに変更しました。

【ステーショナリー】トラベラーズノートの自作カバーを紹介

ノート
本記事には広告が含まれている場合があります。

私はロルバーンダイアリーのLサイズを使っていましたが、一年くらい使用すると表紙の厚紙がボロボロになってしまい、長く使えるものが欲しかったのでトラベラーズノートのカバーを作成することにしました。

本記事では、トラベラーズノートを作成するのに準備した物や注意点を紹介しますので、宜しければ最後まで読んでみてください。

トラベラーズノートとは

トラベラーズノートとは、旅行先や旅の思い出を記録するために使用されているノートです。色々なサイズやデザインがあり、旅行中の景色や美味しかった料理の写真、観光スポットのチケット、レシートなどを保存したり、旅行計画や旅行先の情報を記録することができます。

トラベラーズノートは自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。

  • 使用する紙の質感や厚みを選ぶ
  • カバーを自分でデザインする
  • ページのレイアウトや枚数を調整する
  • スタンプやシールを貼って装飾する

自分に合ったカスタマイズをすることで、旅行の思い出をより楽しむことができます。

トラベラーズノートを作成するのに準備したもの

トラベラーズノートを作成するにあたって準備したものは以下の通りです。

  • ヌメ革(A3サイズ)
  • ゴム紐(1.5mm)
  • マンスリーノート(B6サイズ)
  • ノート(B6サイズ)

ヌメ革はA4サイズでも大丈夫でしたが、初めて作成するので失敗したときも考えてA3サイズにしました。

ゴム紐は市販のトラベラーズノートに合わせて1.5mm幅の丸ゴムを購入しました。

スケジュール帳とノートの2冊を閉じることにしました。

トラベラーズノートを作成するポイント

ノートカバーのサイズは、ノートのサイズに対して上下5mm、左右10mm大きくなるように切り出しました。

一般的なトラベラーズノートノートは、ノートを閉じるゴム紐は裏表紙に付いていますが、ノートを書くときに邪魔になると思い背表紙に付けました。

トラベラーズノートのカスタマイズ

ノートに記録するのにペンは必須ですからペンホルダーがあると便利です。

ブラスクリップに関しては無くても困らないですが、トラベラーズノートの格好良さが2割増します。

まとめ

本記事では、トラベラーズノートを作成するのに準備したものや注意点について書きました。自分だけのオリジナルトラベラーズノートを作成し、手帳時間を楽しんでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました