【家族】スポーツ少年団に入団(体験談を紹介)

2021年1月11日家族スポーツ少年団

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、副業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

我が家の長男君が小学4年生になりスポーツ少年団に入団しました。

バーレーボールチームに入団したのですが、私たち夫婦はスポーツ少年団やバレーボールの経験がなく上手く出来るか不安でしたが、結論としては入団して良かったと思います

本記事では、私の体験談を基に入団して良かったと思えた理由を紹介していきます。

不安なこと

・技術面
・人間関係
・費用

スポンサーリンク

技術面

私たちが選んだスポーツ少年団(以下スポ少)は小学3年生から入団できるのですが、長男は小学4年生の6月に入団しました。

同学年の子供は他にも6人いますが、みんな小学3年生から入団しており、基本的なことは理解しています。

スポ少にも色々と規制があり、一週間の練習日数や、一日あたりの練習時間が決められています。

チームでの練習が無い日は、参考書やYouTubeなどを見ながら親子で練習して遅れを挽回しようとしています。

人間関係

同じ小学校の友達も入団していたり、他の小学校の子供たちも良くしてくれて、スムーズに輪の中に入っていけたと思います。

保護者についても、グループが出来ていることもなく、人間関係も良好だと感じています。

費用

練習で使用するものは個人で準備しますが、大会で使用するものはチームで揃えないといけません。入団するタイミングで6万円以上はかかりましたし、子供の成長は早いので練習着やシューズの買い替えもあります。

子供にお金の心配はさせたくないので頑張らないと駄目ですね。

その他

今年は、コロナの影響もあり練習試合や大会はほとんどありませんが、昨年度のスケジュールを見せてもらうと毎週のようにイベントがあります。

10月、11月に入り徐々に大会なども実施し始めているのですが、早朝6時に出発して7時には会場入りをするなどハードなスケジュールです。

我が家では長女(6歳)もいるのですが、試合を見ているのがつまらないとぐずってしまうので応援に行くのもなかなか大変な状況です。

まとめ

スポーツ少年団に入団したことに関しては、トータルで見ればよかったのかなと思います。


他校の子供たちとも触れ合うことができたり、厳しい監督にしごかれてみたり、最近ではゲームばかりしていたので、ちょっとはたくましくなったのかなと思います。

スポンサーリンク