【書評】2019年2冊目の書評は「僕のヒーローアカデミア」

2020年10月13日読書

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、書評ブロガーのカズです。(@kazu20170825

2019年2冊目の書評記事は「僕のヒーローアカデミア」です。

はい、漫画です。

私は、ほとんど漫画を読まないのですが、「僕のヒーローアカデミア」は久しぶりにハマった漫画なので紹介します。

ストーリーやキャラクターから、子供向けの漫画かと思いますが、落ちこぼれの主人公がヒーローを目指して努力していく姿を、自分に照らし合わせて読んでいくと大人でも楽しめると思います。

コミックシーモアの公式サイト 〉〉〉「 コミックシーモア

スポンサーリンク

「僕のヒーローアカデミア」とは

ことの始まりは、中国で発光する赤子が産まれたと言うニュースから始まり、各地で「超常」は発見され、原因も不明なまま時は流れ、いつしか、「超常」は「日常」に変わりました。

世界総人口の約8割が何らかの特異体質となる世界で、主人公の「緑谷出久(みどりやいずく)」は無個性として産まれました。

そんな緑谷出久が高校進学を考える時期に、国立の「雄英高校」を志望しました。

無個性と言うとこで、周囲からは馬鹿にされますが、No.1ヒーロー「オールマイト」との出会いをきっかけに、緑谷出久がヒーローを目指すストーリーです。

「僕のヒーローアカデミア」は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて、2014年32号より連載中の漫画になります。

「僕のヒーローアカデミア」は、我が家の長男君と一緒にアニメを見たことがきっかけで、漫画も読み始めました。

落ちこぼれの主人公が、ヒーローに憧れ、ヒーローになることを目指すストーリーは定番と言う感じがしますが、登場人物にも、それぞれ「個性」があり、完璧なヒーローがいないところが引き込まれるのかなと思います。

無個性でも、落ちこぼれでも、努力すれば夢は叶うということが学べます!!

何はともあれ、読めば分かる、本当に面白い!!

私が一番好きなキャラクターは「轟しゅうと」です。

最後に

コミックシーモアでは、2019年2月19日まで、1巻&2巻が無料で読めるので、読んだことのない方は、この機会に読んでみて下さい。

コミックシーモアの公式サイト 〉〉〉「 コミックシーモア

スポンサーリンク

読書

Posted by kazu2017