【任天堂Switch】任天堂Switchと任天堂SwitchLiteを徹底比較!お勧めモデルを紹介します!!

2022年12月31日任天堂Switch

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、複業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

2021年10月8日に任天堂Switch(有機ELモデル)が発売され、任天堂Switchのラインナップは「任天堂Switch(有機ELモデル)」、「任天堂Switch」、「任天堂SwitchLite」の3種類となりました。

どのモデルを購入するか悩まれると思いますが、初めて購入する方は「任天堂Switch(有機ELモデル)」または「任天堂Switch」、2台目以降を購入する方は「任天堂SwitchLite」をお勧めします。

そこで、本記事では各モデルの特徴を徹底的に比較していきますので、宜しければ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

各モデルの特徴を比較

項目任天堂スイッチ有機EL任天堂スイッチ任天堂スイッチライト
プレイモードTVモード
テーブルモード
携帯モード
TVモード
テーブルモード
携帯モード
携帯モード
遊べるソフト全て全て携帯モードに対応したソフトのみ
Joy-Con1セット付属1セット付属付属していない
任天堂Switchドック1台付属1台付属対応していない
有線LAN端子搭載されている搭載されていない搭載されていない
背面スタンドフリーストップ式ワイドスタンド固定式スタンドスタンドはありません
本体保存メモリー64GB32GB32GB
サイズ縦:102mm
横:242mm
厚:13.9mm
縦:102mm
横:239mm
厚:13.9mm
縦:91.1mm
横:208mm
厚:13.9mm
重さ約420g約398g約275g
画面サイズ7.0インチ6.2インチ5.5インチ
バッテリー持続時間約4.5-9.0時間約4.5-9.0時間約3.0-7.0時間
HD振動Joy-Conに内蔵Joy-Conに内蔵Joy-Conの購入が必要
モーションIRカメラJoy-Conに内蔵Joy-Conに内蔵Joy-Conの購入が必要
価格37,980円(税込)32,978円(税込)21,978円(税込)
比較表

各モデルの特徴を比較すると上記のとおりです。任天堂Switchに対して任天堂SwitchLiteは携帯モードに特化したモデルということが分かります。

主な特徴の違いについて詳細を見ていきます。

プレイモードのちがい

引用元:任天堂公式ホームページ

任天堂Switch(有機EL)および任天堂Switchは全てのモードに対応しているのに対して、任天堂SwitchLiteは携帯モードしか対応していません。

プレイモード
  • TVモードとは、任天堂Switchドックをテレビにつなぎ本体をセットすれば、テレビの画面でゲームを楽しめるモードです。
  • テーブルモードとは、本体のスタンドを立ててコントローラーを分け合えば、テレビのない場所でも画面をシェアして対戦や協力プレイを楽しめるモードです。
  • 携帯モードとは、移動中や外出先など場所を選ばずにひとりで楽しんだり、気の合う仲間と集まって一緒にバトルや協力プレイを楽しめるモードです。

TVモードやテーブルモードが不要な方は、任天堂SwitchLiteで十分楽しむことが出来ます。

遊べるソフトのちがい

引用元:任天堂公式ホームページ

任天堂SwitchLiteは携帯モードに特化したモデルですので、携帯モード対応のソフトしか遊べません。別途、Joy-ConとJoy-Con充電グリップ(またはJoy-Con拡張バッテリー)を購入することで遊ぶことが可能になるソフトもあります。詳細は任天堂公式ホームページをご確認ください。

まとめ

本記事は、「任天堂Switchと任天堂SwitchLiteを徹底比較!お勧めモデルを紹介します!!」について書きました。

お勧めするモデルは用途によって異なりますが、初めて購入する方は全てのモードに対応した任天堂Switch(有機EL)または任天堂Switch、2台目以降の購入を検討している方には任天堂SwitchLiteをお勧めします。

スポンサーリンク

任天堂Switch

Posted by kazu2017