【仕事】AUTODESK FUSION360 3DCAD/CAM/CAE 使い方

2020年5月5日3DCAD,ビジネスAUTODESK,FUSION360

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、副業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

本記事では、「AUTODESK FUSION360 (オートデスク フュージョンスリーシックスティ)」について書いていきます。

独学で3DCADの操作方法を勉強するのは限界があるので、初めて3DCADを操作する人にも分かりやすく書いていきます。

カズ

3DCADの操作方法は難しく感じるかもしれないけど、少しづつ分かりやすく説明していくよ

助手

焦らずに少しづつ進めていこう

カズのブログの内容

始めて操作する人にも分かりやすく「FUSION360の使い方」を書いていきます。

スポンサーリンク

AUTODESK FUSION360 とは

FUSION360は今までにない3DCAD/CAM/CAEです。
製品開発に必要な全てのプロセスを、クラウド上のプラットフォームで繋ぐことが出来ます。
MacとWindowsの両方でご利用可能です。

引用元:公式ホームページ

AUOTDESK社から販売されている3DCAD/CAM/CAEです。

  • 3DCAD=製品設計ツール
  • 3DCAM=製造支援ツール
  • 3DCAE=事前解析ツール

3DCADとは、「computer aided design」の事で、コンピュータ上で立体モデル(3Dモデル)を作り、製品設計を行うツール(道具)の事です。

3DCAMとは、「computer aided manufacturing」の事で、コンピュータ上で製品の製造を支援するツール(道具)の事です。

3DCAEとは、「computer aided engineering」の事で、コンピュータ上で事前にシミュレーション(解析)を行うツール(道具)の事です。

FUSION360は、クラウド上で「CAD」,「CAM」,「CAE」のデータを管理することで、素早くデータの共有が出来るのが特徴です。

AUTODESK FUSION360 価格について

期間価格
一カ月7,560円
一年間60,480円
三年間163,296円

2019年3月9日時点

3DCADというと〇〇万円から〇〇〇万円までするような高額なものがありますが、FUSION360に関しては60,480円/年とリーズナブルな価格になっています。

また、FUSION360は1ヶ月間無料で利用することが出来ますので、先ずは、無料期間で試してみるもの良いと思います。

AUTODESK FUSION360 記事一覧

本ブログ内の記事を、「3Dモデルの作り方」、「図面の書き方」、「その他」に分類して、まとめていきます。

FUSION360 3Dモデルの作り方

内容
01. 3Dモデルの作成方法
02. 3Dモデルの作成方法②
03. スケッチの編集方法
04. スケッチの拘束条件
05. スイープ機能の使い方
06. ロフト機能の使い方
07. タイムラインの使い方
08. 押し出し機能の詳細設定
09. コンポーネント機能
10. アセンブリ機能

FUSION360 図面の書き方

内容
01. 図面の書き方

FUSION360 その他

内容
01. アプリの紹介
02. データのエクスポート
03. 無料期間の延長方法
04. 3DCADの技能検定

スポンサーリンク