【3DCAD】AUTODESK FUSION360 データのエクスポートについて

2022年6月12日3DCAD,ビジネスFUSION360

スポンサーリンク

カズ

こんにちは、複業ブロガーのカズです。(@kazu20170825

助手

今日は何をするんですか?

カズ

今日はデータのエクスポートについて説明するよ。

本記事では「AUTODESK FUSION360 データのエクスポートについて」書いていきます。

カズのブログについて

「FUSION360の使い方」を初めて操作する人にも分かりやすく書いていきます。

スポンサーリンク

AUTODESK FUSION360 データのエクスポートについて

データをエクスポートするには、ファイルの「エクスポート」を選択します。

エクスポート画面で、タイプからファイル形式を選択します。

ファイル形式を選んだから「エクスポート」をクリックします。

データのエクスポート

ファイル名拡張し
FUSION360ドキュメント.f3d
IGESファイル.igs
SATファイル.sat
SMTファイル.smt
STEPファイル.step

エクスポート出来るファイルの種類は5種類になります。

データのインポート

ファイル名拡張子
FUSION360ファイル.f3d
inventorファイル.ipt
IGESファイル.igs
SATファイル.sat
SMTファイル.smt
STEPファイル.step
DWGファイル.dwg
DXFファイル.dxf
STLファイル.stl
Sketchupファイル.skp
FBXファイル.fbx
OBJ.obj

インポート出来るファイルの種類は12種類になります。

FUSION360を学ぶのにお勧めの参考書を紹介します。著者は教育現場やセミナー、ワークショップで豊富な指導経験をもつ小原照記氏、Autodesk社でFUSION360ビジネスを取りまとめるマネージャーの藤村祐爾氏の二人。本書ではFUSION360の使い方を初心者むけに「やさしく」解説されています。

AUTODESK FUSION360 まとめ

3Dモデルの作成方法についてはYouTubeに動画をアップしていますので宜しければ見てみてください。

スポンサーリンク